Udemyに戻る

講師向けのヒント: ブラックフライデーと今後に向けたコースの更新に関するQ&A

3人の講師パートナーがブラックフライデーに向けてコースを最適化するためのとっておきのヒントを教えてくれました。今回の質問は、ブラックフライデーとサイバーマンデーというプロモーションシーズンに関するものでしたが、彼らは1年を通じてコースを常に最新に保ち、受講生のやる気を引き出すための素晴らしい知見を共有してくれました。

 

IP講師、Phil Ebiner

Phil Ebiner動画クリエーターおよび写真家

まず、ブラックフライデーはなぜUdemyの講師にとって重要なのでしょうか?

ブラックフライデーは単なる1日だけのセールではありません。Udemyのシーズン最大のセールの1つで、通常、1週間にわたって開催されます。そのため、講師の皆さんは成功するチャンスを高めるために、できることは何でもすることが重要です。

検索エンジンの最適化はブラックフライデーに向けたコースにどのように役立つでしょうか?

受講を検討している受講生にコース紹介ページを閲覧してもらうことで、コースの販売数はさらに伸びます。検索結果にあなたのコースが表示されると、多くの受講生がコース紹介ページを閲覧することになります。 

これを踏まえ、ブラックフライデーを目前に控えた目標は、コースの検索順位を上げるためにあらゆる手段を講じることです。私が行った最善策は、コースのエンゲージメントを上げることです。一般的に、コースのエンゲージメントが高いと、レビュー数も多くなります。 

では、何から始めればよいですか?

まず、できるだけ多くのコースを更新します。その後、コースの更新を伝える指導目的のお知らせを送信します。エンゲージメントや受講生の満足度を向上させるその他の方法には、YouTubeやFacebookでオフィスアワーを設けてライブ配信することなどがあります。

コース内容は更新していますか?

技術的なアプリやツールを教えるコースでは、そのアプリの更新情報についてのレッスンを作成しています。例えば、Adobeは通常、Photoshopの新ツールや新機能を毎年リリースします。そこで私は、ブラックフライデー前にレッスンを更新して、こうした新機能を追加するようにしています。  

コース内容に更新の必要がない場合はどうすればいいですか?

コース内容を更新する必要がない場合は、ダウンロードできる教材を作成して受講生と共有しましょう。印刷できるワークシートや電子書籍など、何でも構いません。受講生はこうした教材を気に入るはずです。受講生の学習体験を向上させる良い方法であり、コースの評価も上がります。 

もう1つのコース更新の方法は、新たなケーススタディを追加することです。受講生は、コースで教えるテーマが実社会にどのように適用されるかといった例を好みます。

 

 

IP講師、Scott Duffy、GetCloudSkills.comチーフ講師

Scott DuffyGetCloudSkills.comチーフ講師

ブラックフライデーに向けてコースをどのように準備していますか?

まず、自分のコースのキーワードを使って、自分のコースをUdemyで検索します。検索結果に表示されている他のコースと比べて、自分のコースはどのように見えるか? 他のコースと比べて自分のコース画像の見栄えはいいか? 他のコースと比べてコースタイトルは分かりやすいか? 検索結果で上位に表示されるコースではなく、自分のコースを選んでもらうにはどうすれば良いか? 変えることを恐れてはいけません。

 

まず何を変えますか?

コース紹介ページを見直しましょう。細部まで、しっかり見ましょう。コースタイトルを読んでみましょう。どうすればもっと良くなりますか? サブタイトルを読んでみましょう。受講生をもっと引き付けるにはどうすればいいですか? ページをスクロールして各要素を見てみましょう(コース目標、コース説明、セクション、レッスンタイトルなど)。受講生にとってより魅力的な内容にするには、どのような変更を加えればよいかを考えてみましょう。不動産業界ではこれをカーブアピール(人目を引く家の外観)と呼んでいます。確実にしなければならないのは、コースの見た目を良くすることです。

コースの見た目を良くするためにほかにできることは何ですか?

自分のコースのプロモーション動画を見て、数時間でできる改善点を考えてみましょう。その後、コースの紹介動画、そして自分が選んだ無料プレビューを見ます。これらの動画を収録し直して改善する時間を取れますか? もし可能なら試す価値はあります。

実際のコースを変更するのですか? 

更新が必要ではないコースもあれば、更新が必要なコースもあります。自分のコースを視聴してみることは興味深いことです。ほとんどの顧客や受講生は、内容が新しいものが良いと考えています。2018年に収録されたコースよりも、2021年に収録されたコースが好まれます。ですから、コースの一部でも更新することを検討しましょう。動画の中に古い日付に言及している部分がないようにします。コースを更新したら必ず、コース説明にそのことを書きましょう。

 

 

Thibault HoudonFormateur et développeur Python

ブラックフライデーに向けて、どのようなコース紹介ページを準備していますか? 

自分のコースは常に一貫性を保つように注意しています。コース画像やサムネイルは、同じスタイル(同じ配色、イラスト、フォント)にするのが私の好みです。そうすれば、受講生が多くのコースの中から私のコースを見つけてくれるようになります。 

 

文章を更新することはどうして重要なのですか?

ソフトウェアの新バージョンや大きなテクニカルアップデートなど、新しいことが起きていないか必ずチェックし、コース紹介ページに掲載します。そうすることで、受講生にバージョン間の違いを知らせたり、注意しておくべき情報を提供するようにしています。  

 

コース自体を更新すべきかどうかを見極める最適な方法は?

Q&Aを利用して、コースの弱点を探りましょう。よくある質問に答える形で、コースにコンテンツを追加します。例えば、レクチャーを収録し直したり、レクチャーや、動画以外のリソースを追加します。 

学習者からのフィードバックを活用してコースを改善するその他の方法として、学習者が否定的な評価と一緒に建設的なフィードバックを残してくれた場合は、コースの中で対応してみましょう。学習者にダイレクトメッセージで直接連絡し、コースの中でフィードバックに対応したことを知らせるのも良い案です。大きな更新となる場合は、受講生に、指導目的のお知らせでコース内容の変更点を知らせるようにします。   

講師ダッシュボードのコースのエンゲージメントセクションで最も多く中断されたレクチャーを確認することもできます。他のレクチャーに比べて中断が多いレクチャーがあれば(紹介動画や感謝の動画は中断率が高いため除きます)、受講生のエンゲージメントを向上させてレクチャーを最後まで見てもらうにはどう改善すればよいかを考えましょう。

 

このQ&Aにご参加いただいた講師パートナーの皆さんに感謝いたします。

この情報を、来るブラックフライデーとサイバーマンデーのプロモーションに向けた準備や、日頃のベストプラクティスとして役立てていただけることを願っています。特定の質問がある場合や、その他の講師がどのように準備しているかさらに詳しくお知りになりたい場合は、講師コミュニティーをご覧ください

コースを作成する準備はできましたか?
さあ始めましょう!

コース作成