• ja

趣味からライフワークへ。〜Udemyが夢を形にしてくれた〜

Toru_Shot2-(1)2

出身:愛媛県松山市

年齢:42

職業:ウェブサイト:FX為替チャートを運営 株式会社ファム・代表取締役

学歴:英国ノッティンガム大学 心理学専攻 1996年

香川大学 経済学部卒業 1998年

Udemy歴:2年

 

Q. この業界に入ったきっかけは何ですか

大学を卒業後、繊維系商社に入社して東京でセールスをしていました。後に米国の子会社へ派遣され、その時に趣味のFXトレードが高じて、欧米プロトレーダーが使うテクニカル分析の方法を学びました。同時に日本で発信されているトレード関連の情報をネットで調べると、あまりにも稚拙な情報しかないのに愕然としました。そこで一念発起し、日本のトレーダーに少しでも最先端の技術を伝えたいと思い今に至っています。

Q. Udemyを選んだ理由は?

Udemyを使う前は、いろいろなプラットフォームを試したり、ダウンロードで講義を販売していたんですが問題が山積みでした。例えば、

  • 講義を追加する度にファイルを再配信する手間
  • パソコンが破損した受講生への再配信対応
  • iphoneで視聴できない
  • ダウンロードに時間が掛かる

これらを解決するため、2014年にUdemyが日本語のナビゲーションを追加すると同時にコース配信を始めました。その後受講生からはモバイルでも視聴できる便利さが支持され「既存コースもUdemyに移してほしい」という問い合わせが入るほどでした。結果、すべてのコースをUdemyへ移行しました。 

Q. 佐々木さんのコースで得られる技術はなんですか? 

欧米トレーダーが使う「負けないトレード技術」が身につきます。くり返す値動きのパターンをとらえ利益を出す、王道のテクニカル分析方法を豊富なチャート実例を使って根本から説明する講義で、確実にトレードの技術を上げることができます。

Q. 他のコースと比べて何が違いますか?

  • 欧米最先端のテクニカル分析方法から利益が出る方法のみ対象
  • コース内容は都度で追加され、一度受講すれば無料で追加講義が受講可
  • 一見難しい理論を、簡単に分かりやすく説明
  • チャート実例を大量に取り入れた情報量の多い講義
  • 質問には全て回答

以上のことを心がけています。コース作成の際には、コアの技術を受講生が分かりやすく習得できるための骨組みを最初に作成するのですが、ここで最大の時間を使います。ときには受講生に新コースへのアンケートを取り希望講義をまとめ理解しやすいよう順序立て、講義で必要なスライドの準備物を作成します。それから吹き込みの前に台本を作成しリハーサルを行い、吹き込み後には余分な音声等を編集で除去して、受講生が講義の内容に集中できるような編集作業を施します。その結果、受講生からは「テンポが良い」「歯切れが良いので気持ちがいい」「声が聞き取りやすい」「説明に余分なところがない」「説明が論理的だ」との評価をいただいています。

 Q. Udemyコミュニティとの関係を教えてください。

UdemyスタッフのDaniele Lieseさんとアイディアを交換する中で、よりメールアドレスを効率的に獲得していく方法や、売れるコースの作り方、効果的なセールの打ち出し方の提案をもらい実践したところ、効果が出るものばかりでした。Udemyスタッフは知識も豊富でそこから学ぶことも多いです。

Q. オンラインコースを開設して佐々木さん自身で学ばれたことはありますか?

コースは受講生と共に進化できるということですね。熱心な受講生からは必ず質問が届き、中には「なるほど、そういう見方もあるのか」と教えられることも頻繁にあります。Udemyでは受講生とのコミュニケーションも簡単にとれるのも魅力ですね。

質問への回答を兼ねて新しい講義を追加する対応を続けることで、コースは受講生の痒い所に手が届くものに進化をしていきます。さらに受講生にとって「手に届く」講師であることで、新たなコースを開設した際の反響にも大きく反映されます。

 Q. 心がけていることは何ですか?

できるだけ分かりやすく簡単に伝えること、ですね。どんなに高度な理論も、それを開発した人は「ちょっとしたきっかけ」から取り掛かっています。自分が完全にその理論を理解したら、開発者の気持ちになり、なぜそうした理論に行き着いたかをズバッと一言で説明します。すると一気に受講者の理解が進み、「目からウロコ」や「自分が今まで分かっていなかった」など嬉しいコメントを貰えるようになりました。

Q. 未来のUdemy 講師の方へのメッセージ、アドバイスは?

まずは始めることです。日本では「私の持っている知識なんて」と考えがちですが、その講義の価値は「買う人が決める」ものです。Udemyでは受講生レビューや目次の公開など透明性が非常に高く、受講者目線での価値も市場に対してアピールすることができる場所になっています。

 私が常に自分に問いかけ、成功をもたらしてくれた考え方は、「その行動」を取ることで得られるリターンと最悪の結果を比較して、リターンの方が大きければやるというものです。コースを作成して市場にオファーする最悪の結果は「売れない」ことですが、失うのは製作時間と手間だけ。一方で成功すればリターンは無限大で、そう考えると行動することの方が、はるかに理にかなっているんです。

Udemyのシステムは自分の知恵や技術を市場にアピールして収益を上げるために必要な技術面をほとんどサポートしてくれます。まずは最初のコースを作って市場にオファーしてみてください。最初の1本が売れた瞬間、新しい希望が目の前に広がりますよ!

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

five + 8 =