くじけそうになっても「できない」理由に惑わされないで欲しい

今回はLIG.incでも注目された、現在登録者数800名の誰にでもわかる基礎写真講座を公開中の及川均さんにお話を伺いました。

レビュー、一つ一つに丁寧にメッセージを返す等コースのメンテナンスもしっかり行っている及川さん。

いつもは”撮る側”の及川さんを、今回はUdemyが”撮る側”になってお話を伺いました。果たしてレンズの向こう側に居る及川さんはどんな方なんでしょうか?

Let’s go!

 

12776647_745500938884130_1695348948_o

 

お住まいの地域は?

富士山の裾野、山梨県富士吉田市です。昨年3月まで20年ほど沖縄にいました。

 

ご出身は

山梨県富士吉田市です。

 

ご職業は

基本的にはカメラマンですが、沖縄時代から水中撮影も行っており、資格を持っているのでダイビングのインストラクターやガイドも時々やります。

 

Udemy暦

2015年の夏(7月)から始めているので1年未満です。

 

現在Udemyで公開中のコース数

1回の撮影から3つの作品を作り出す!3倍楽しい星景写真

必ずできる!360°VRパノラマの製作

誰にでもわかる基礎写真講座

の3つです

 

主な学歴を教えてください。

最終学歴は早稲田大学理工学部応用化学科ですが、現在の撮影業やWEB関係の仕事とは何の関係もありません。せっかく大学まで行かせてもらったのに、まるで役に立ってないですね。

 

学業を終えられて、現在にいたるまでの流れを教えてください。

12776677_745500952217462_1650709922_o大学卒業後に全国展開している会社に入社し、初めての赴任地が沖縄でした。

元々ダイビングに興味があったのですぐにダイビングを始めて、そのままダイビングや水中写真にハマり、会社を辞めて沖縄でカメラマンとダイビングインストラクターをしていました。

もちろん簡単に仕事がもらえるわけもなく、沖縄でも手探りの状態でしたが、少しずつ撮影スキルを増やしたりすることでだんだんとクライアントさんが増えてきました。

一方で、いつかは地元に戻りたいという思いをずっと持っており、子供の成長のタイミングで小学校入学前に思い切って地元に戻ってきました。

まだ地元に戻ってきたばかりで地元でのクライアントさんも少なく、どう行動していこうかと考えていたところにUdemyの存在を知りました。

始めはちょっと興味のあるコースを受講していたのですが、受けてるうちに「自分でもコースを作れるのでは?」と思って、誰も作りそうもなく、自分の得意分野でもある「360°VRパノラマの製作」のコースを作り公開ました。

ニッチな分野の方が世の中の情報が少ないので受講生がいるのではないか?との考えからでしたが、期待していたほどの成果は得られませんでした。というかほとんど売れませんでした。

その後初心者を対象としたコースを作りました。

こちらは逆に世の中に情報が溢れているし、ちょっと検索すれば無料で視聴できるような動画もたくさんあるので、売れるか心配でした。

結局、普段自分がお客様に面と向かってやっている写真教室を動画化するイメージで作ってみたところ、予想以上に多くの方に受講していただくことができました。

そして、そのコースがひと段落したので、今度は分野を絞って掘り下げるコースを作り始めたところです

 

本職以外でボランティア活動などされていますか?

今のところ特にしていませんが、子供学校行事等を通してできるような活動があればやってみたいと思っています。

 

Udemyを知ったきっかけは?

Facebookの宣伝です

 

教鞭をとっているコースのスキルはどうやって修得されましたか?

撮影や編集に関する知識や技術はほとんど独学です。

ハードルが高くて大変なこともありますが、基本的には好きなことなので楽しみながら学んできました。また、ダイビングインストラクターやエコガイドをやっていることもあり、プレゼンテーションなどの教育は受けたことはあります。

 

心を動かされる様な受講生とのエピソードはありますか?

普段の仕事は基本的に直接人と会ってコミュニケーションを取れますが、Udemyの講座は見ず知らずの人が受講してくださいます。

そのような見ず知らずの方が私のコースを受講してくださって、レビューなどに嬉しいコメントをいただけると非常に励みにはなります。

 

受講生との関係はスムーズですか?

レビューはいただきますが、今までほとんど質問はいただいたことがありませんので、スムースと言ってもよいのかな?

一応私の目標というか、考えですがWeb上でコースを受けることで受講生が満足(完結)する内容、つまりできるだけ質問などが出ないように内容を充実させてコースを作るということを意識しています。

面と向かって写真教室をしている時には質問にはその場で答えられますしコミュニケーションが取れることでお互いが納得できる解決になりますが、Web上だと文書だしタイムラグがあるし対面していないので質問の本質や理解度がわかりづらいと思っているからです。

 

Udemyを周りのご家族、ご友人、同僚の方にどのように説明されていますか?

同世代などにはできるだけシステムなどを説明して理解してもらっていますが、親世代にはなかなか理解が難しいようです。

親戚が年配の方に説明する時に、「本を出版して印税をもらうようなもの」と言っていたのが、わかりやすいかもと思いました

 

Udemyで教える動機はなんですか?

私のようなフリーランス(私はカメラマンですが他にも様々な職種の方に言えることだと想います)の仕事は収入が安定しておらず、将来に不安を抱える方も多いと思います。

そんな中、コースを作成するのは大変ですが、公開後は原則として不労所得的な収入になるので、収入の安定化の一助となれば嬉しいからです。

自分のスキルが日常的な仕事以外のところ(Web上)で活かされるのは大変ありがたいシステムだと思います。

また、全くの見ず知らずの方々に私の存在を知ってもらえることも大きな動機の一つです。

 

Udemyで得た収入をどのように使っておられますか、または使う予定ですか?

今のところ全く手をつけていませんが、毎日インストラクターダッシュボードを見るのが楽しみです。

使い道はまだ決めていませんが、ある程度まとまった金額になったらどうするか考えたいと思います。

 

将来的にコースを増やす予定はございますか?

もちろんこれからも様々なコースを企画していきたいと思っています。

 

最後にメッセージをどうぞ

これからUdemyの講師になろうと考えている方へ

コースの内容は自分の得意なことでしたら何でもいいと思います。

きっとその知識や技術を必要としている方が世の中にいます。

ただ、講師になろうと思っていろいろと調べると様々なハードルが出てきます。

また現代は世の中に情報が溢れ、何から手をつけていいかわからないかもしれません。

例えば私も始め、テストビデオを出した時に詳しい方々から音質についていろいろと問題を指摘されました。

始めはアドバイス通り修正をしてテストビデオは問題なくクリアしたのですが、その後もどんどん詳しい方々からアドバイスが入りました。大変ありがたいことなのですが、すでにテストビデオをクリアしているのでこれ以上質を上げる必要があるのか疑問もありました。

もちろん販売する商品である以上は最低限のクオリティは必要なのですが、Udemyのコースは映画を売ってるわけではなく、講師の知識や技術を売るものです。

受講生が知りたいことを講師の方が提供できれば、そこに需要と供給の関係が生まれるわけですので、作るコースのクオリティももちろん大切なのですが、そればかりに労力や時間を取られるのではなく、内容の充実にもっと力を入れる方が良いと感じたことがありました。

また、顔を出しての講義は今でも抵抗がありますが、芸能人でもあるまいし、誰も私の顔を見たくて受講しているのではない、と開き直って積極的に出るようにしています。

これは例に過ぎませんが、実際にコースを作り始めると本当に様々なハードルが次から次へと出てきてなかなか思い通りになりません。

時々くじけそうになるかもしれませんが、「できない」理由を考えないでください。

「できない」理由を考えるのはとても簡単ですが、そこで終わってしまいます。

できる方法が必ずありますので、ぜひ周りの方々のサポートなどを頼りになんとかハードルを乗り越える努力をしてみてください。

そのハードルを越えた経験はUdemy以外でも必ず次に役立ちますので、ぜひ始めたら最後までやり遂げてみるときっといいことがあると思いますよ。

 

 

〜スタッフあとがき〜

及川さんのコースは機会があり何度も見ていたので、てっきり何度もお会いした事があると思っていたのですが、なんと実際に面と向かってお話をするのが今回が初めてで(!!)何とも不思議な気持ちになりました。

お話を伺うなかで、最後の”「できない」理由を考えるのはとても簡単”という言葉が特に心に響きました。私達スタッフが出来る事は、みなさんが持っている知識を「いかにスムーズに形にできるか」であり、更にサポートを強化し、「できない」理由を0にしていきます。

これからも講師の皆様とUdemyが繫がりを深め、良いコースを提供出来るように頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

fourteen − seven =