コースのメンテナンス

Udemyではコースを公開したら終わり!ではありません。

Udemyの人気コースを見ると必ずと言っていい程、「メンテナンス」がしっかりされています。

しかし”コースのメンテナンス”と一口にいってもコンテンツからマーケティング至るまで多岐に渡ります。

ここではメンテナンスの基本中の基本のコースメンテナンスをご紹介します。

 

1、レクチャー

コースの情報をフレッシュに保つのは人気コースになるには必須条件です。あなたが教えているコースに関係するアップデートがあった場合は、該当する部分を最新の情報に差し替えましょう。そうすることで受講生は常に最新のスキル、知識を習得することができ、それがコースの満足度や好評価にもつながります。

Udemyのレクチャーは「上書き機能」を使って簡単にアップデートできます。レクチャーの追加も簡単!ドラッグ&ドロップ機能を使えば、追加したい箇所に簡単にレクチャーが追加できます。

 

2、補助教材

アクセスしたのにリンク切れ、添付PDFをダウンロードしたのに文字化け、情報が古すぎる。学習中にこんな事があるといくら学習意欲溢れる受講生もやる気が奪われてしまいます。

定期的にチェックしてリンクが正常に動いているか、文字化けがないか、古い情報が残っていないか確認しましょう。

また、各補助教材がそのレクチャーに最適なものであるかも見直し、より良い補助教材があった時には追加しましょう。

 

3、Q&A

コースに関する質疑応答が行われる場になります。受講生から質問が来たときは出来るだけ早く回答しましょう。もし、毎日チェックできない場合は予めコースの紹介文に、「Q&AにはOO時間以内に回答するようにしていますが、場合によってはお時間を頂く事もありますのでご了承ください。」と一言添えて、回答が無い事が受講生の不安につながらないように心がけましょう。Q&Aはコースの満足度はもちろん、受講生との信頼を構築する恰好の場でもあります。真摯にそして丁寧な対応を心がけましょう。

 

4、レビューへのコメント

皆さん見落としがちなのが、コースレビューへのコメントです。

コース紹介ページにも表示されるので、コースの受講を考えている人にもあなたがどれくらい受講生をサポートしているかはっきり見えます。

以下は講師が丁寧に応対している良い例です。

誰にでもわかる基礎写真講座___Udemy

できるたげはやくコメントし、一番最初に感謝の言葉を述べていますね。また文言も使い回しでなく受講生一人一人にカスタマイズされたメッセージを送っていて、講師の人柄や「教える事」に対する姿勢も垣間みれますね。

丁寧なサポートを心がけて、受講者との信頼関係を築き「この講師から学びたい」と思ってもらえるようなコースに育てていきましょう。

 

 

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

fourteen + 6 =