私たちができることは、”きっかけを与える存在”になること

12506942_1239982082683749_636161175_n

 

Udemyも日本サイトがローンチして丸9ヶ月が経とうとしています。

受講生、講師も徐々に増え日本での認知度も日々高くなりつつある今日この頃です。

さて、今回はUdemyで500人を超える受講生を抱える人気コース「【1日完結】ぶ厚い書籍で挫折したあなたにも分かる!超入門iPhoneアプリ開発 iOS 9 / Swift対応」を公開中の

OMOKAGETVさんことおもかげさん(森田さん)に、ご自身のバックグラウンド、そしてUdemyとの出会い、Udemyを通じて感じた事など伺ってみました。

 

現在お住まいの地域は?

東京都

 

ご出身は?

東京都ですが、生まれてすぐにSFに家族で引越し数年住んでいました。

 

年齢は?

26歳

 

主な学歴を教えてください。

最終学歴は高校です。

 

学業を終えられて、現在にいたるまでの流れを教えてください。

3年前の話ですが 私は初めからこのような状況ではなく、元々、今の環境と真逆で、大学には進学せ ず、高校卒業後、建築現場の作業員またガラス清掃員といったいわゆるガテン系の 仕事をしていました。

そんな中、夢はありましたが、諸々事情があり、迷走。 結果やりたいことが分からない、このままでは将来まずい、、、と言った状態にな っていました。

そこで”iPhoneアプリ開発”に出会い、スクールの説明会に行きました。 そこで目の当たりしたのは、当時の私と年齢がそう変わらない方が壇上に立ち、 堂々とプレゼンしていたこと。

Googleやサイバーエージェント、楽天と言った数多くの実業家が話してくれていた こと、私はこのとき、”なんだかよく分からないけどかっこいい。これだ!”と直感 で思いました。

すぐにスクールに申し込み、やることはプログラミングとも知らず、勢いで挑戦し ました。 いま思えば、ただのミーハーで、スクールからすればよいカモです。アンポンタン なことをしたなと、笑い話です。

しかし、そこがきっかけで多くのことに挑戦をしました。

ガテンの仕事をしなが ら、会社に無理言って休ませて頂いたり、仕事と両立してスクールに通いました。

当然、パソコン、ましてはプログラミングなどやったことがなく、周りはエリート も多く、挫折を何回もしました。でも諦めたら終わりだ精神で、卒業しました。

その後、思いきってIT企業にアプリエンジニアとして転職しました。 この道中にYouTube配信を開始しました。

初めは自分が覚えるために人に教えるス タイルでYoutubeを活用しました。

すると、じわじわと視聴してくれる方が増え、困ったことに(当時は私もアプリ開 発初心者)コメントなどで「どれそれ教えてください」といったメッセージをいた だくようになりました。

それが功を呼んだのか、自分の成長につながりました。 ここで、気づいたら、動画を作るのが楽しい!!となりました。 独学でしたが、もっと動画について知りたいとなりました。

そして、現在に至ります。 私は、とても誇れる様な過去はありません。 勉強も大してせず、恥ずかしいことも多いです。 ですが、そんな私でも、ここまでやってこれました。

お金はきっと後からついてくると信じています。

 

何より自分がやりがいを持って継続していくことが一番だと常々思っております。

 

現在のご職業は?

映像制作系会社に勤務しています。

 

本職以外でボランティア活動などされていますか?

地元の消防団に入っています。あと知人の子供のプログラミングスクールスクールにて

「プログラミングをきっかけに野球選手になれないか」

「プログラミングをきっかけにサッカー選手になれないか」

など、ITの技術をきっかけに新しいなにかを生み出すという動画クリエイターとして講演をしています。

また「FBをよりもすごいアイデアをもっている。自分はいつかマーク•ザッカーバーグを超える」という中学生からFBのアプリを作りたいという要望を受けオンラインで個別に指導しています。

そういった熱意を持った子供達が存在するというのは素晴らしい資産だなと感じています。

 

Udemyを知ったきっかけは?

Udemyの方からご連絡をいただきました。直感的に「話しを聞きたいな」と思いました。

 

教鞭をとっているコースのスキルはどうやって修得されましたか?

YouTubeでプログラミングを学んでいたが、初心者の私には、当時のYouTube内に有益な動画と思えるコンテンツを投稿しているチャンネルはありませんでした。

そうこうしているうちに、アプリスクールに通ったり、書籍を読んだりと、私自身ある程度プログラミングの基礎知識を習得しました。

その時に、更なるレベルアップを求めたときに、

『覚えるためには人に教えるが良し』と言った手段に、YouTubeを活用しました。

現在では、約2300人がチャンネル登録していただいています。

 

心を動かされる様な受講生の声はありましたか?

今のところは技術的な質問が中心ですが、レビューのコメントでコースのことを

「初心者特化型コースです。」といったように受講生なりにコースを解析してくれてたりしてくれている事が嬉しいです。

特に受講生からみた僕のコースが、僕が「こんなコースにしたい」と考えていたアイデアと一致していたときは、嬉しくもあり、コースの意図がしっかり伝わっていたと再確認ができました。

 

受講生との関係はスムース? (質問や会話は多いですか? ひと月どれぐらいの時間を受講生に割いておられますか?)

現在の所は受講生のアクションは少ないですが、こちらから質問し易いように「いつでも質問を受け付けています。」というようなアプローチをしています。

 

Udemyを周りのご家族、ご友人、同僚の方にどのように説明されていますか?

Udemyに関しては良い印象を持っているようです。

初めて有料のものを提供していて、中には不信と感じていた人もいた様ですが、みんな興味を持ってくれます。

まず「なにやってるの?』と聞かれて「iPhone アプリの作り方を有料で5,000円位で提供しているよ。」というとみなさん「それって、高くない?」とだいたい言われるんですが、

そういわれたらUdemyがどんなプラットフォームでどんな収益システム、マーケティングシステムを持っているかを説明します。

みんな最後には「そうなんだ。で、私・僕にも出来るかな?」と聞いてきます。「僕はプログラミングでやっているけど、誰でもどんなことも教えれるよ」と伝えています。

YoutubeでいつかUdemyでこんなことが出来るよ、という動画を撮ろうかと考えています。

 

日本人以外の受講生はオモカゲさんのコースにおられますか?

メインは日本で少し韓国の方がいらしゃいます。

 

Udemyで教える動機はなんですか?

一番は「表現の場所」が増えたことでしょうか。Youtube以外の場所で、且つ収入が確保できる事が大きいです。

Udemyで僕の事を知ってくれる人も多くなって、本業のほうにも「Udemy見たけど仕事一緒にしませんか?」というお誘いもくるようになりました。

 

Udemyで得た収入は、そしてそれによる変化は?
Udemyよりコンテンツを販売してから、現在の生活スタイル、意識ともに変化が起きました。

収入の増加も嬉しいことですが、何より、私自身が作ったコンテンツが世界で見られること、評価をしてくれる方がいたりと、より良いコースは何か?少しでも社会貢献できるものは何か?

といったこれまで考えなかった事が今、一番に思うことです。

 

Udemyで得た収入をどのように使っておられますか、または使う予定ですか?

今はPayPalの数字が伸びて行くのを見るのがうれしいです。

収益がある程度貯まったら、クリエイティブ集団の様な、色んなバックグラウンドの人がさまざまな機材を自由に使って学べる様なラボの様な場所を作りたいなと思っています。
また、私自身が表に出て(YouTubeやUdemy)、願いはきっと叶うを実現していきます。

はじめは一人でもやろうと思えば、必ず応援してくれる方はいます。
チャンスは近くにあるかと思います。

 

将来的にコースを増やす予定はございますか?

はい。今現在共同講師という形でもう一人の講師とコースを作成中です。ディレクションは僕が、コンテンツは彼が作り、各自の長所が最大に活きる様なコースを作っています。

 

最後に

勉強できるタイプでは無く、マイナスな時期もあった僕の様な人間でも今udemyでコースを公開しています。

自分のスキルは価値が無いと感じる方も多い昨今ですが、この世界に誰かがあなたの持っている知識を必要としている人がいます。

数は少なくてもその人を大切にする事が自分の成長、また成功に繋がると思っています。
今後 ”動画に関する大きな波” は日本にもきます。
すでに、多くの場面で動画が活用されています。

しかし、動画自体は誰でも作れます。
価値を決めるのは、見てくれる方々です。

プログラミングにおいても他のもであっても、
何を伝えるか、どのように伝えるかが、一番大切だと私は思っています。

”子供でもわかる動画” これが簡単にそうに思えて難しいところです。

今や、ググれば大概のことは解決する世の中だと思います。
そこで私たちができることは、”きっかけを与える存在”になる

それこそが私の信念であり、私自身を変えたキーワードでした。

 

スタッフあとがき

あっという間の9ヶ月でしたが、そんな短期期間にOmokageさんをはじめ、沢山の素晴らしい講師のみなさまと出会えた事を嬉しく思っています。

2016年はudemy飛躍の年と確信しています。一人でも多くの講師が、世界のどこかにいる人の為にコースが公開できるように、スタッフ一丸となってサポートして参ります!

 

 

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

2 × five =