よくある音声の問題を解決する

音声は、コースの録画後に修正するのが非常に難しいものの1つです。そのため、最初から時間をかけて適切になるように調整します。ビデオはプロスタジオで制作する必要はありませんが、受講生にはっきりと聞こえるようにすることが大切です。

一般的な音声に関する問題とそれを解決する方法のリストを紹介します。

始める前に

外付けマイクを使わずに、カメラやコンピューターから直接音声を録音することは避けます。

早めに頻繁に音声をチェックして再録音を避けます。そうすることで、コースを通して高い品質の音声を確保できます。

エコーや背景ノイズを避けるようにホームスタジオをセットアップする

壁のカバーやカーペットのない空の部屋での録音は、音声の品質が悪くなる最も一般的な原因の1つです。広場で録音している時のように、エコーによって音声が遠くなってしまいます。

エコーを避けるには、録画室を加湿して、音がいくらか吸収されるようにします。録画室の壁に防音パネルを追加してください。ハイテクなものを使用する必要はありません。毛布、クッション、ソファを使用するだけで、エコーを拾ってしまうのを回避できます。その他のヒントについては、「ホームスタジオを準備する」を参照してください

録音中は背景ノイズに気付かないかもしれません。交通音、エアコンの音、電話の呼び出し音、背景の話し声などが聞こえないように、録音を一時停止して頻繁に聞いて確認することが重要です。

よくある音声の問題のトラブルシューティング

歪み: 録音に静電気が入ることがあります。通常、この問題は増幅率を高くしすぎることで起こり、非常に音声の邪魔になります。

背景のシューという音: 歪みに似た背景のシューという音もあるかもしれません。これは音声トラックの中で耳障りな音になります。この問題の一般的な原因は、カメラやコンピューターに内蔵されている低品質のマイクを使用することです。

左のスピーカー: 音声出力設定がステレオではなくモノラルに設定されている場合、音声は左のスピーカーからのみ出力されることがあります。

低音量: 録音の音量が非常に小さい場合は、マイクが離れすぎている可能性があります。大きな声ではっきりと話し、マイクに直接話してください。

こもった音: マイクに非常に近い場所で話している場合、上記と反対の問題に遭遇することもあります。多くの音を拾い過ぎることにより、こもった音になります。マイクから約6~12インチ(約15~30 cm)離れることをお勧めします。

破裂音: もう1つのよくある問題は、音声の「破裂音」です。この破裂音は、「p」と「t」の単語で特によく起こります。この問題があると、音声に不自然なスパイクが発生し、受講生の邪魔になる可能性があります。話をする前に、マイクまたは飲み水から少し離れたところに移動してみてください(これにより明瞭さが向上します)。また、ポップガードの購入を検討することもできます。これはこの問題を回避できる優れた方法です。

コースを作成する準備はできましたか? さあ始めましょう!

コース作成
Simple light-blue outline icon of a tool inside system window

ヘルプとサポート

コースのアップロードからクーポンの作成に至るすべてを学びましょう。
Simple red outline icon of silhoutte of two people

講師コミュニティー

グローバルな講師コミュニティーに参加して、ヘルプやアイデアを求めましょう。
Simple orange outline icon of a roman pillar strcuture representing foundational support

Trust & Safety

コミュニティーを安全に保つための方針について学びましょう。