• ja

渡辺竜平講師:Udemyで教える喜びを分かち合いたい

Udemy講師シリーズ第三回。今回は昨年秋から写真撮影のコースを公開し、すでに登録者数が100名を超えている渡辺竜平講師のインタビューです。

 

Udemy  :コースを公開されてすぐに年間最大キャンペーンのブラックッフライデーでしたが、いかがでしたか?

渡辺:作りたてのコースだったので、どうなるのかな、という気持ちもあったんですが、おかげさまで思ったより反応があり良いキャンペーンだと思いました。

Udemy  :ありがとうございます。来年もがんばりましょうね。では、早速ですが、自己紹介をお願いします!

渡辺:生まれも育ちも千葉県です。千葉県内にある普通科高校を卒業した後に社会人となりました。それから2007年の渡米後、2011年Los Angeles City Collegeの映像科を卒業しました。米国では合計5年過ごしました。

 

Udemy  :渡米のきっかけはなんだったんですか?

渡辺:日本にいるときも映像には少し興味はあったんですが、一度本格的に勉強したいなという気持ちがありました。短絡的ではあったんですがアメリカ西海岸、ハリウッド近郊でと思い渡米に至りました。

Udemy  :日本で学ぶという選択肢はなかったんですか?

渡辺:「もう一度日本で学生になろう」という気持ちはあまりなかったですね。海外に行きたいという気持ちもあったので、やりたいことをやるなら!という気持ちでアメリカを選びました。

Udemy  :帰国後はすぐにご自身でビジネスを始めれたんですか?

渡辺:そうですね。帰国後すぐに個人として業務委託を受け始めました。現在、株式会社ではないのですが屋号名を構えて経営しています。

Udemy  :どこかの会社で勤めるという選択は最初からなかったんですか?

渡辺:企業に属して正社員として働くなどの選択肢はあったと思います。過去にそういた雇用体系で勤めたこともあるんですが、自分がどこまでできるか試して見たいという思いもあって独立を選びました。もともと自分でやってみたり作ることが好きなタイプですし、アメリカに行った影響のせいかライフスタイルをコントロールできれば良いなという気持ちが強くなりました。もちろんなかなかそうはいかないのが現実ですが(苦笑)

Udemy  :現在は写真と映像を中心にお仕事されているとのことですが、具体的にどんなプロジェクトをされていますか?

渡辺:写真関係はアメリカの某バイクメーカーのオーナー向けマガジンの写真撮影を行っています。他には結婚式の撮影、プロフィール写真撮影等もしていますUdemy講師のOmokage TVさんのプロフィール写真も撮らせてもらいました(笑)映像関系は企業系はもちろんCMの撮影・編集もしています。

Udemy  :素敵なプロジェクトをされてるんですね。

渡辺:良い出会いに恵まれ、楽しくプロジェクトに関わらせてもらっています!自分でも面白いと思えるプロジェクトに参加させていただくことも多く、感謝です。

Udemy  :私も昔、写真に挑戦したいなと思ったこともあるんですが。結局やらずじまいで今でも旅行に行く度に後悔しています。

渡辺:そうなんですか?今でもいつでも始められますよ!僕のコースを見てみて下さい(笑)質問があればいつでも言ってくださいね。

Udemy  :ありがとうございます。渡邊さんが丁寧に受講生からの質問に答えているのを知っているので心強いです。そういったコース管理のアドバイスは他の方からあったんですか?

渡辺:基本的には、丁寧に返信するのをモットーにコース運営しています。自分が受講する立場だったらということを常に意識しています。

Udemy  :対応など、オンラインコースを公開されてすぐとは思えないですね。もともと何がきっかけでUdemy を始められましたか?

渡辺:Udemy講師のOmokage TVさんです。

Udemy  :7月の東京での講師イベントにも一緒に参加されてましたよね。Omokage TVさんとの出会いを伺えますか?

渡辺:はい。一緒にお仕事した時に意気投合したのがきっかけで、以来、良くしてもらってます。知り合った時は特にUdemyのことは何とも言ってなかったんですが、Youtubeで動画を配信されていることはうっすら聞いていたんです。それだけでも僕は「すごい」って思っていたんですが。そうこうする中で「実はこんな活動もしたまして。。。」と言って手品のタネ明かしの様にUdemyを紹介してくれました聞いた時、「すごい良い」と思ってすぐに講師登録してFacebookの講師コミュニティにも参加しました。

Udemy  :おそらく、Omokage TVさんが素敵なセールスピッチをしてくれたんだろうと思うのですが、それ以外の決め手はなんでしたか?

渡辺:直感的に共感できるプラットフォームだと思いました。あとは教えることに興味があったのも理由ですね知人に教えることはできましたが「講師」というレベルで教えることはできるのか?ということは疑問に思いつつもやっぱりオンラインで教えるってことの魅力を感じました。プラットフォームを覗いた時に講師へのサポート体制が整っていたのも大きな安心材料になりましたね。おそらく分野に関わらずひとつの分野で長く活躍している人はより深い知識をもっているんだと思いますただ、正直自分もですけど、時間をかけて作ったものが売れない時の恐怖心があると思うんです。その恐怖心をなんとか拭えることができれば、みんな講師になりたいんじゃないかなと思います。実は講師としてコース公開するだけではなく受講生としてもたくさんのコースを学んでいます。僕自身udemyのファンなのかもしれません(笑)

Udemy  :周りの方にudemyを勧めることはありますか?

渡辺:はい!みんな「いいね!」ってすごく好感をもってくれてます。ただ「講師やりたいな!」という声は聞こえないですね。技術面などあるかもしれませんが、コースを公開した後の受講生の反応も気になるところかと思いますですよね。僕も「写真をやったことなかったけどできた!」というメッセージを受講生からもらってすごく嬉しかったんです。コース制作は大変ですがその先に見える喜びが講師になろうか悩んでる人に伝わると、講師の入り口は広がるのかなと思いました。あとは、Udemyは講師コミュニティでの対面での交流があるのがいいですね。同じベクトルのある人とつながれることはモチベーションにもなっています

Udemy  :そうですね。2017年も交流できるように計画していますのでぜひご参加ください。ちなみにudemyを続けるモチベーションはなんですか?

渡辺:はい、ぜひ参加したいです。受講生の方からのメッセージやコメントがモチベーションになっています。

Udemy  :コースも着実に収益を上げていますが、Udemyで得た収入の使い道は決まっていますか?

渡辺:オフラインでの講義作りもしたいと思っているので、そのために使えたら良いなと思っています。オフライン講師としても励んでゆきたいと思っています。

Udemy  :最後に講師の仲間へ一言お願いします

渡辺:Udemy Japanを一緒に盛り上げていきましょう!

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

eleven − seven =