Udemyスタジオ一周年記念:コース紹介ページを作る

コース紹介ページ、それは受講生の目に一番最初にあなたのコースに触れる場所です。

4月26日までにこのコース顔となる部分を仕上げましょう。もちろんコースコンテンツ作成中で追加したい内容ができれば、いつでも変更は可能です。

今回のキャンペーンは各自のスケジュールで5月27日までにコース公開を目指しますので、このタスクは必須ではありません。

コース作成が初めての方は、ここから始めるとスムースなスタートが切れますよ!

 

ステップ1:講師プロフィール記入

  • プロフィール欄からご自身の情報を入力してください。学歴、職務歴など以外にも「どうやってそのスキルを身につけたのか」「沢山いる講師の中から何故、自分から学んで欲しいのか」を伝えましょう。
  • ご自身のウェブサイトURLやSNS,等のリンクも追加できるので、自分がどんな人物か良く知ってもらい、受講生が安心して学べるようにしましょう。

講師プロフィール

 

ステップ2:基本情報

  • コースタイトル:ターゲット層(入門、ビギナー、アドバンス、上級者、等)や、どんな問題を解決するのかをタイトルに盛り込みましょう。(悪い例:Excel入門編 良い例:Excel初心者必見!作業量を格段に減らす関数術)
  • サブタイトル:コースタイトルを補足します。SEOにも大きく影響を与えるので、あなたのコ−スを求めている人たちがGoogleで検索する際にどんなキーワードを使っているか参考にしましょう。
  • 言語:コ−スの言語を選択します
  • カテゴリー、サブカテゴリー:自分のコースにあったカテゴリー、サブカテゴリーを選択しましょう。

基本情報

 

  • ステップ3:学習目標
  • 受講生はコース終了時にどんな事ができるようになりますか?
  • どんな人にお薦めのコースですか?反対にお薦めしないのはどんな受講生ですか?
  • コース受講前に知っておくべきスキルや知識があれば記入しましょう。

学習目標1

 

ステップ4:コース概要(コース紹介文)

  • コース紹介文では、受講生がコースを受講して何が出来るようになるかを具体的に記入しましょう。そのスキルがどういった場面で役にたつのか、中長期的に見たときどんなスキルにつなげる事ができるのかを記入してください。

コース概要

 

 

ステップ5:コースイメージ画像

  • コースの顔ともいえるのが、このコースイメージ画像です。一目でどんなコースなのか分かる直感的なデザインを使用してください。なお、マーケットプレイスをクリーンに保つため、シリーズを表す、「Vol 1,2,3」や「第一章、第二章」以外の文字はコース画像に含まないようにしましょう。ミスで多いのは、コースタイトルや講師名などをコース画像に含んでしまっているパターンが多く見られます。
  • Udemyでは無料でコース画像を作成します。お申し込みはこちらから日本語で:http://goo.gl/forms/kVazfGKBGy(なお作成には2週間ほど頂きます。)

 

コース紹介画像

 

ステップ6:ゲストとしてページを閲覧してページのバランスを見る。

  • コース管理画面右上のプレビューボタンをクリック>ゲストからの見え方 からあなたのページを「コースの受講を考えている人」として閲覧できます。情報の記入漏れがないか、解説は分かり易くしっかりボリュームのあるものか確認しましょう。

ゲストとしての見え方

 

ステップ7(任意):ゲストからの見え方のURLをUdemyスタジオに投稿して、他の講師やUdemyスタッフからフィードバックをもらいましょう!

 

コース紹介ページ情報ができれば、次は:

テストビデオ(任意ですがUdemyでは推奨しています)

カリキュラム制作

コンテンツ作成

審査

 

の流れで進んでいきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

15 + 16 =