Udemy スタジオに参加する

Facebook スタジオ(コミュニティ)では、盛んにコース作成やマーケティングについて意見交換が行われています。

参加したものの、どのタイミングで会話に参加したらいいのか分からないオンラインでのコミュニケーションは恥ずかしい、などお悩みの方もいらっしゃると思います。

今回はFacebookスタジオで会話に参加するヒントをご紹介したいと思います。

 

どうしてスタジオに参加するの?

Udemyの講師 スタジオ(コミュニティ)には、Udemy Japan ローンチ以前からUdemyでコースを公開している方、複数のコースを公開している方など、ベテラン講師達が集まっています。彼らの経験に基づくアドバイスはコース公開を目指す上で非常に有益です。

コースの品質を高めるテクニックは経験に聞くのが一番勉強になります。目から鱗の技や、Udemyスタッフが思い付かない様なアイディア、そして最新のツ−ル情報も共有してくれます。

コース作成がよりスムーズになるのはもちろん、最初からベストの品質でコース公開ができるのもこのコミュニティに参加する利点です。

実際に他の講師からのフィードバックを参考にして生まれた作品は、フィードバックを受ける前と比較するとその違いは一目瞭然です。

 

どうやって会話をはじめたらいいの?

さて、ここまで聞いたら「参加したい!」と思い始めている方も多いのではないのでしょうか。以下では具体的な例をご紹介しながら、その思いを実行に移すお手伝いをします。

 

自己紹介:自分の名前、作っているコースのカテゴリーまたはタイトル、いつ迄の公開を目指しているか、どんな事で困っているのか、を投稿しましょう。投稿方法は動画でもテキスト形式でも結構です。ご自身のイメージ、またはコースに関連するイメージを添えて投稿するとより親近感が湧きますね。

Screen Shot 2016-05-04 at 2.52.03 PM

疑問、質問:プラットフォームに関する質問を投稿しましょう。例:「バルクアップローダの使い方は?」「ボーナスレクチャーの使い方やルールを御存知の方はいらっしゃいますか?」など。特にサポートの回答が待てない、急いで解決したい場合にすぐに返事が返ってくるのでスタジオはとても便利です。

 

提案、共有:Udemy ではプラットフォーム上に便利なツールをご用意しています。「ツールはあるけど上手く使いこなせていない」「使い方は知っているけどイマイチ効果が感じられない」そんな時こそスタジオでアドバイスをもらいましょう!その際に具体的にどんな効果を求めているのかを書くと、アドバイスする人も的確な提案ができます。

Screen Shot 2016-05-04 at 4.50.12 PM

 

 

収益公開:米国のスタジオでは初収益があった時に、自分のダッシュボードのスクリーンショットを撮って「初任給!」「嬉しい!」「右肩上がり目指して頑張ります!」と言ったコメントとともに、どのようにマーケティングしたか、今後のコース作成予定、目標収益(!?)などを書き込んでいる方がたくさんいらっしゃいます。

これは他の講師のモチベーションをあげるのにも貢献します。例え500円でもご安心ください。どの講師も小さな一歩からスタートしています。

 

マナー:スタジオは講師同士がお互いを高め合い、マーケットプレイスをより良い場所にする為のコミュニティです。投稿に対して誹謗、中傷、または不必要にネガティブなコメントはご遠慮をお願いしています。お話をして改善が見られない場合は退会頂く事もございます。

 

さぁ、ここまできたらもう後は行動に移すのみ!スタジオにいってポストしましょう。

スタジオにいる講師があなたをサポートしてくれますよ。

 

 

コメント

メールアドレスは公開されません。必須事項を記入してください。

*

two × two =