コースの検索結果を改善する

SEOキーワードによる検索でコースを見つけやすくしましょう

適切なユーザーがあなたのコースを見つけることができ、最終的に登録させることが重要です。

コース紹介ページ(CLP)を検索用に最適化することは、長期的な成功への鍵となります。それはさほど難しいことはでありません。次のことが可能になります:

  • あなたのコースを適切な受講生の前に提示する 
  • GoogleおよびUdemyマーケットプレイスでのコースの検索結果を改善する
  • あなたのコース紹介ページの訪問者数を増やす

あなたのコースを目にする人がより多くなることで、コースに登録する学習者数の増加につながります。コース紹介ページに取り入れるべきキーワードを判断するための4つの手順を紹介します。継続的に参照できるように、キーワードを文書やワークシートに書き留めておきましょう。キーワードエクササイズ(15~30分)

  1. オーディエンスを特定する あなたのコースの内容がどのようなもので、コースを最も活用するのがだれかを考えます。そうした人たちが、あなたのコースを検索するときに使用すると考えられる検索キーワードを思いつくままに挙げていきます。
  2. メインキーワードを選ぶ 想定する受講生と最も関連があると思えるキーワードを選びます。 これは通常、ハイレベルなトピックになります(Pythonコース、機械学習向けPython、結婚式の撮影術など)
  3. 関連キーワードのアイデアを生成するKeyword Surfer ChromeプラグインなどのSEOツールを使用して、Google上でメインキーワードを検索して、自分のCLPに取り入れることができそうな関連キーワードのリストを手に入れます。このプラグインから、キーワードのアイデアと検索結果の両方が得られ、その結果、どんなユーザーが学びに関心を抱いているかを把握できます。
  4. ボーナスキーワードマーケットプレイスのインサイトツールを使って自分のトピックを検索し、Udemy固有のキーワードと修飾語(完全、初級、究極など)を決定します。Udemy検索で最もよく使われるキーワードをいくつか書き出しましょう。

このエクササイズを行う際は、以下の点に注意します: 

  • どのウェブページが最初に提示されていますか? ヒント: 上位検索結果が自分のコースと同じようになるキーワードを見つけましょう。
  • タイトルや見出しはどのように工夫されていますか?
  • どんなキーワードや修飾語が使用されていますか?
  • どうすればクリックしたくなりますか?
  • 同様のコースと比べて、あなたのコースはどうですか?

競合市場についてのキーワード一覧やメモが完成したら、次のエクササイズ、CLPチェックリスト1へ進みましょう。

コースを作成する準備はできましたか?
さあ始めましょう!

コース作成