必見コースの完璧なプレビューを作成しましょう

Udemyの秒刻みのガイドに従って魅力あるプレビュー動画を作成しましょう

コースプレビューは、映画にとっての予告編のような存在です。コース紹介ページに掲載する2分以内の動画で、あなたが何を教えるのか、そして特にどのように教えるのかを学習者に理解してもらうのに役立ちます。注意を引き付けるプレビューとはどういったものかを知るために、Udemyではテストを実施し、数百のコースプレビューを調べてきました。そうして、効果的な動画を作成するための秒刻みのガイドを作成したのです。動画をご覧になり、作成方法をご確認ください。

最初の3秒

コースイメージプレースホルダー

あなたのコースイメージやブランドイメージを伝えるスライドを入れます。この間に、学習者は動画プレーヤーを最大化したり、音量を調節したりできます。

次の20秒

挨拶と講師紹介

受講を検討している学習者に、あなたが信頼できる講師である理由を伝える紹介文(1文)を入れます。ヒント: あなたが直接カメラに向かって話す映像を入れるようにしましょう。携帯電話のカメラ機能を使用しても構いません。

次の20秒

メリット

コースを受講するメリットや、受講生がコース終了時に何ができるようになるかを説明します。学習内容を抽象的に説明するのではなく、受講生が習得できる具体的なスキルの例を示しましょう。

良い例:
「コース終了時には、拡張可能なAWSウェブサイトを作成できるようになります」
悪い例:
「コース終了時には、AWSクラウドサービスをマスターできます」

次の20秒

主な学習目的のリスト

コースの構成を説明し、コースで扱うトピックをリストで提示しましょう(詳細に説明する必要はありません)。内容が細かくなりすぎないように注意してください。ここではまだ何も教えず、コースで教える内容を列挙するだけに留めましょう。学習目標についてもう一度伝えましょう

次の15秒

コースの対象となる学習者の説明

コースの対象となる学習者像の作成: 以下の3つの点について考え、コースの対象となる学習者像を描きましょう。

役割: 対象となる学習者は仕事や生活において、どのような役割を担っているか?期待と不安: 対象となる学習者にはどんな目標があるか? 対象となる学習者は何を心配しているか?課題: 対象となる学習者は、目標を達成しようとする際にどのような課題に直面しているか?結果: 「このコースは、認定試験対策ではなく、プロジェクトマネジメントの基本を学びたいエンジニアを対象にしています。」

最後の10秒

お礼を述べ、受講を呼びかけます。

より詳しく知りたいという受講生にコースに登録したり、無料プレビューを試すよう呼びかけましょう。

最も重要なヒント:

動画は2分以内に収めてください。理想は90秒です。

知っていることを紹介しましょう。

さっそくコースプレビューを作成しましょう。

プレビューをアップロードする

ヒント: YouTubeやLinkedInにコースプレビューをアップロードして、トラフィックを増やしましょう。