レクチャーを計画する

レクチャーは、受講生が学習内容を実践するためのものです。これにより、受講生は実社会で知識を実践する準備ができます。セクションごとに少なくとも1つのレクチャーを含めるようにします。Udemyコースではレクチャーは必須ではありませんが、設けることで受講生の満足度とコースレビューが向上する可能性があります。この記事では、コースに適したレクチャーを作成するためのベストプラクティスを紹介します。

レクチャーの作成に関する一般的なガイドライン

  • 時間: 受講生にレクチャーを完了するための時間を与え、レクチャーの範囲を説明します。所要時間を見積もるために自分でレクチャーを試してください。受講生にはその2~3倍の時間が必要になります。
  • 手順: わかりやすい手順を書きます。手順にはテキストとビデオの両方に含めることができます。レクチャー、その重要性、受講生に必要な作業を説明し、課題を完了するのに必要な資料を列挙します。
  • 例: 例を挙げます。解答例を提供することで、受講生は自分の答えと解答例を比較して、自己評価を行うことができます。
  • フィードバック: 受講生がフィードバックを受け取ることができるようにします。コミュニティ構築と仲間からのフィードバックを奨励します。質の高い作業に関する基準を挙げた解説やチェックリストを受講生に提供することで、的を絞ったより良いフィードバックを仲間から受けることができます。

作成できるレクチャーの種類

Udemyでは、講師がインタラクティブなコンテンツを作成したり、学習内容を受講生に実践させたりするためのさまざまなツールを提供しています。レクチャーは、復習のための質問やワークシート、または以下の項目、およびその組み合わせを使用します。

  • 小テスト
  • 課題
  • レクチャーテスト
  • コーディングレクチャー

以下に小テスト、課題、レクチャーテスト、コーディングレクチャーの作成時に参考になるベストプラクティスを紹介します。

小テスト

小テストは、多肢選択式であり、事実に基づくコースに最適です。これは受講生がコース内容を理解しているかどうかを簡単に確認したり、受講生が知識を定着しやすくしたりするための優れた方法です。レクチャーの間に短い質問のリストを追加し、学習を強化して定着を向上させることができます。

詳細については、多肢選択式の小テストの作成をご覧ください。

課題

小テストとは異なり、課題では、より深い理解やレクチャーを必要とする概念に適しています。受講生は問題解決のスキルや創造性を試す必要があります。そのため、課題では現実的なシナリオを再現するようにします。自由回答形式の質問やケーススタディを含めることもできます。

詳細については、課題の作成をご覧ください。

レクチャーテスト

レクチャーテストは、小テストよりも長く強力なアクティビティツールです。コース完了時のみに実施して評価を行います。レクチャーテストは、受験生向けのコースに役立ちます。レクチャーテストは実際の試験さながらの体験にしましょう。受講生が実際に受ける試験(SAT、GMAT、認定試験など)と同様の質問の種類、長さ、要件を使用します。

(レクチャーテストのみのコースも作成できます。このようなコースの場合には、最低2つのレクチャーテストが必要です。)

詳細については、レクチャーテストの作成をご覧ください。

コーディングレクチャー

コーディングレクチャーは、プログラミングコースに追加できるインタラクティブなツールであり、受講生は実際的なコーディング経験を積むことができます。

詳細については、特定言語のコーディングレクチャーをご覧ください。

Udemyで教え、オンライン講師として活躍しよう

さぁ、はじめよう
Simple light-blue outline icon of a tool inside system window

ヘルプとサポート

コースのアップロードからクーポンの作成に至るすべてを学びましょう。
Simple red outline icon of silhoutte of two people

講師コミュニティー

グローバルな講師コミュニティーに参加して、ヘルプやアイデアを求めましょう。
Simple orange outline icon of a roman pillar strcuture representing foundational support

Trust & Safety

コミュニティーを安全に保つための方針について学びましょう。