CLPチェックリスト1: コースタイトル、サブタイトル、SEOベストプラクティス

最適化の対象となるコース紹介ページの一番重要な部分は、タイトルとサブタイトルです。タイトルとサブタイトルで自分のコースの内容を正確に表現して、潜在的な受講生の注目を集めましょう。

CLPに関するヒントと重要なチェックポイント:

イトル(半角60字以内)

タイトルは、目立つこと、わかりやすいこと、検索エンジン用に最適化されていることが重要です。受講生はタイトルから以下の情報を知りたいと考えています。

  • コーストピック
  • 対象にしている受講生(初心者か、マネージャーか)
  • 対象にしている受講生が何を得るか(行動または成果)

以下の点を考慮しましょう。

  1. メインのキーワードを冒頭部分(最初の3分節内)に置き、それを多用しないようにします。
  2. 潜在的な受講生が検索しそうな単語やフレーズを使用します。(作成済みのキーワードのリストを参照しましょう)
  3. 行動を表すものにします。どのような成果が得られるかを伝えます。
  4. クリックしたい気持ちを掻き立てます。 検索して得られる結果が、意欲的で説得力のあるものにしましょう
  5. 受講生に何を感じてほしいかを伝えます。達成感や価値を伝える単語や修飾語を使用します。

コースタイトルを編集するには、コースビルダーで「コースの公開」>「コース紹介ページ」>「コースタイトル」へ移動します。

サブタイトル (半角120文字以内)

サブタイトルの目的はタイトルを補足することです。サブタイトルで伝えること:

  • コースの具体的な内容についての追加情報
  • コースのトピックを学ぶ価値
  • 受講生にとってのメリット – コースは何をする上で役立つか
  • コースの学習目標についての詳細情報を提供します。

以下の点を考慮しましょう。

  1. コーストピック
  2. 対象にしている受講生(初心者か、マネージャーか)
  3. 対象にしている受講生が何を得るか(行動または成果)
  4. コースのメイントピックを含めます。
  5. このコースは受講生が何をする上で役立つかを伝えます。価値を伝え、行動を呼びかける言葉を取り入れましょう
  6. 上位の関連ワードを含めます。
  7. タイトルを補足します。
  8. クリックしたくなるような内容にします。
  9. 文字数としては、できるだけ上限の半角120文字程度にまとめましょう。

コースのサブタイトルを編集するには、コースビルダーで「コースの公開」>「コース紹介ページ」>「コースサブタイトル」へ移動します。 

SEOベストプラクティス

  1. 簡潔、明快で、具体的な言葉を使用します。
  2. 漢字や仮名、文法、句読点の打ち方などをチェックします。
  3. 潜在的な受講生を確実にCLPのコピーに注目させます。
  4. 受講生を「あなた」、講師自身を「私」と呼び、親しげに語りかけます。

さらにできれば、受講登録を促します。

  1. プロモーション動画: 潜在的な受講生がコースの内容や教え方を確認できる、簡潔で人を惹きつけるプロモーション動画 (2分以内)を作成します。動画版のコース紹介ページと考えましょう。
  2. コースプレビュー: コースのカリキュラムセクションで、最も価値があり、注目に値するコンテンツを紹介する複数のレクチャー(最低10分)のプレビューを有効にして、潜在的な受講生に見てもらえるようにします。

タイトルとサブタイトルを最適化できたら、最適化の次の段階、CLPチェックリスト2に進みましょう。

コースを作成する準備はできましたか?
さあ始めましょう!

コース作成