Udemyに戻る

コーディング演習に関する最新情報

コーディング演習は、学習者がコーディングの実践的な演習ができる手軽で双方向のアクティビティです。学習者は動画以外での学び、つまり演習を求めています。講師の皆さんも演習を提供したいと考えていることでしょう。しかし、現在のコーディング演習は難しすぎるとのフィードバックも寄せられています。そこでUdemyは、学習者に本格的な演習を提供し、彼らの理解度を正確に評価することで、学習者のエンゲージメントを高められるよう、このツールの改善に取り組んでいます。

今後数ヵ月の間、こちらの記事でUdemyのコーディング演習の変更内容をまとめて紹介していきます。まずは、以下で最新情報をご確認ください。

 


 

2022年11月

今年はコーディング演習の改善をリリースするにあたり、より大きな更新が予定されていることをお伝えしました。
本日Udemyは、今後数か月にわたってエキサイティングな新しい機能強化を発表できることを嬉しく思います。コーディング演習ツールの最大の問題は、学習者の経験不足とガイダンス機能の欠如であるという講師コミュニティーからのフィードバックを受け、以下の商品機能を構築しました。以下の変更により、問題点に対処したいと考えています。  

 

学習者インターフェイスの改善

学習者は、コース外で達成しようとしていることについて可能な限り本格的な演習を重視しています。これを適切に行うことで、今後の仕事の実践にうまく移行することができます。Udemyの新しいコーディング演習の学習者体験は、統合開発環境(IDE)を厳密にシミュレーションしているため、実際のタスクの有意義な演習に取り組むことができます。 

 

新しいガイダンス機能

現在、学習者がコーディング演習で行き詰まった場合、講師が学習者をサポートすることが困難です。改善されたコーディング演習では、学習者を支援するために次の機能をリリースします。 

  • ヒント: 講師は、学習者が演習を完了するのに役立つヒントやリマインダーを提供できます。
  • 関連レクチャー: 講師は、学習者が問題へのアプローチ方法の背景を理解するために繰り返し学べるように関連レクチャーを追加できます。 

 

包括的な解答

演習以外に、学習者はコーディング演習を使用して、学習している概念の理解度をチェックします。学習者が自分の進捗状況について貴重なフィードバックをすぐに得られるように、Udemyは次の改善を行います。

  • 解法の説明: 講師は、学習者が演習の答えを理解するのに役立つ、重要な概念の説明を作成できる。
  • テストケース: 講師は、新しいデザインで学習者が確認できる詳細なテストケースを作成できる。以前、講師はテストケースを作成することはできましたが、それは学習者には非公開でした。今後、学習者はすべてのテストケースを確認し、それを使用してエラーの詳細を確認し、コードが失敗した場所を理解できるようになります。

 

新しいバッジの実験

Udemyではこのツールへの投資を増やすにあたり、演習の機会を学習者に強調したいと考えています。

今後数週間にわたって、10以上のコーディング演習を含み、評価が4.2以上で、カテゴリー内で人気の英語コースの新しいバッジをテストする予定です。実験段階ではありますが、この新しいバッジにより、受講者が適切なコースを見つけて学習目標を達成するのをサポートできることを願っています。

 

コーディング演習の改善のほとんどは、現在、一部のコースグループでベータテスト中です。今後数週間かけてコーディング演習を含むコースにベータ版を徐々に展開し、2023年上旬にすべてのコースで新しい体験を開始することを目指しています。

 


 

2022年10月

前回のアップデート以降、コーディング演習について行われた改善は以下のとおりです:

  1. 今回導入したのは、 コードスニペットとオートコンプリート機能です。これにより学習者は、統合開発環境(IDE)に類似する環境で演習を行えるようになります。コードスニペットとは、重複するコードパターンの入力を簡単にするためのテンプレートです。
  2. JUnit5を用いてJava 17のコーディング演習の作成が可能になります。Javaは最も有名なプログラミング言語の1つで、今回の改善により、Java開発コースに登録している600,000人以上の学習者をサポートすることになります。 
  3. 学習者がコースでコーディング演習を開くと、完全に拡張された環境が展開されます。設計の変更規模としては比較的小さいですが、講師や学習者の皆さんのユーザー体験が向上することを願っています。

さらに、講師や学習者の皆さんから多く寄せられるご要望にお応えし、より大きな規模の設計変更や機能の変更にも取り組んでいます。進捗がありましたら、引き続きお知らせいたします。

 


 

2022年8月

ここ数年、プログラミングコースを指導する講師から、コーディング演習ツールの改善について何度もご要望をいただいてきました。そこでUdemyでは、今後コーディング演習の改善に優先的に取り組むことになりました。この改善により、実践的な演習機会を設け、コースエンゲージメントを促すことができます。

改善への取り組みはこれからが本番ですが、現時点での改善点と最新情報をお知らせいたします。

  1. Python 3.10でコーディング演習を作成できます。多く寄せられたご要望です。ぜひ、新言語をご活用ください。
  2. 演習の公開後にコーディング演習を編集できるようになります。これまで、公開済みのコーディング演習は、削除するか、再作成することしかできませんでした。今後は、コース内で簡単に非公開にし、更新して再度公開することができます。
  3. 学習者はコーディング演習の説明文を直接コピーして、演習のアクティビティにペーストすることができ、時間の節約になります。

コーディング演習に関する変更は、今後も引き続きお知らせしていきます。より詳しくは、ヘルプセンター記事「コーディング演習の作成方法」をご覧ください。

コースを作成する準備はできましたか?
さあ始めましょう!

コース作成